企業情報

社名の由来

あくびコミュニケーションズの社名は「明来日(あくび)」という漢字からなり、企業理念に基づいて名付けられました。

企業理念・ビジョン

明るい明日が来るような生活インフラサービスを提供し、生活の質の向上を創造し、お客様・取引先・従業員の物心両面の幸福を追求すること。

ミッション

サービスを通して、人々の豊かなライフスタイルをデザインすること。

社長メッセージ

社長の遠山和久です。あくびグループ・あくびコミュニケーションズは「人々に明るい明日が来るようなサービスを提供したい」という強い思いから、創業いたしました。

当社の事業の大きな柱は、介護事業(居宅支援・訪問介護・訪問入浴・障害者支援・福祉用具販売/あくびの介護)とインターネット事業(固定回線・モバイル/AKUBIネット・AKUBIヒカリ・AKUBIモバイル)の二つです。この二つは全く違う業界ではありますが、技術を融合させることによって、利用者の皆さまにより良いサービスを創造し、ご満足いただけるように日々尽力いたしております。

社内では、サービスレベルの向上だけでなく、さまざまな従業員の成長支援を行っており、福利厚生により研修制度も多数設けています。従業員が成長できる楽しさ、働く楽しさを実感し、お客様により良いサービスを提供し続けられるような環境を目指してまいります。

あくびコミュニケーションズ株式会社
代表取締役社長 遠山 和久

代表取締役社長  遠山 和久

2017年企業方針

Action First

従業員行動指針

  1. 1. 外部環境を受け入れ、コントロールできることに専念する。
  2. 2. 関わる人に求められていることに答え、貢献する。
  3. 3. ダブルキャスト(二つ以上の業務内容)を理解する。
  4. 4. 常にスピードを重視し、当たり前の業務を徹底して行う。
  5. 5. 自らの成長に、自ら責任を持つ。

増収増益・成長続けるベンチャー企業

  1. あくびグループ全体売上推移
  2. 2014年 8千万円
  3. 2015年 2億7千万円
  4. 2016年 14億2千万円
  5. 2017年 売上見込み 27億8千万円
  6. 2018年 事業計画 42億円

会社概要

社名 あくびコミュニケーションズ株式会社
代表者 遠山和久
遠山和久公式ツイッター
アメブロ「遠山和久のブログ」
遠山和久プロフィール
遠山和久's Ownd
住所 本社:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町3-4 渋谷黒川ビル5階B
大阪支社:〒530-0042 大阪府大阪市北区天満橋3-3-5 天満インキュベーションラボ308
札幌支社:〒060-0002 北海道札幌市中央区北2条西2-7 第2カミヤマビル7階
TEL 03-6416-5177
設立年月日 2015年3月3日
資本金 1000万
従業員数 グループ全体70名
取引銀行名 三井住友銀行
事業内容 コールセンター事業、プロバイダサービス事業、介護関連事業、MVNO事業
関連会社 株式会社あくび
顧問弁護士 弁護士法人PRESIDENT 赤坂溜池山王法律事務所
許認可 電気通信事業者届出番号 A-27−14410
加盟団体 埼玉県川口市介護事業社協議会
一般社団法人 テレコムサービス協会
主要取引先 NTT東日本,NTT西日本,Google株式会社,GMOインターネット株式会社,中西金属工業株式会社,シーティマシン株式会社,株式会社フォーバルテレコム,ウェブルート株式会社,スターティア株式会社,株式会社リロクラブ,株式会社インターネットイニシアティブ,株式会社セールスパートナー,ITX株式会社,丸紅テレコム株式会社,株式会社U-NEXT

GoogleMapで見る >>